新生銀行カードローン レイクから1万円キャッシング

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 口座開設 不要

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み

※ インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。

お電話による契約申し込み
自動契約機による契約申し込み
郵送による契約申込み


1万円借りる時の【2大条件】

銀行借入 スピード借入
銀行でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方はスピーディーな銀行系をチョイス!!

1万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
× オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★☆☆☆
× じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★☆☆☆

キャッシング辞書

信託銀行と他の金融機関の違いと、利用目的
受託銀行の普通銀行など、他の金融機関との違いは、まず銀行には銀行の3大固有業務と呼ばれるものがあります。 個人や企業からお金を預かる預金業務、預かったお金を必要としている個人や企業に貸す融資業務、依頼を受けて他の口座に送金したり小切手や手形の代金の受け取りをしたりという為替業務です。 他に付随業務などもありますが、普通銀行の主たる業務範囲はこの3大固有業務であるのに対し、信託銀行はこれ以外にも多岐に渡った業務を行います。 その中の一つが信託業務です。 信託とは、預かった財産を自己の名義に変更して運用することです。 信託業務といってもいくつかありますが、不動産の信託を例に挙げます。 どんな時に利用するかというと、不動産を購入すると同時に融資を受けたい時などです。 普通銀行であれば資金の融資のみを行ってもらい、不動産は不動産会社に売買の仲介してもらうのが普通ですが、信託銀行は両方を行うことができる為、銀行との取引だけで済ませることができます。 また、様々な方法で資金調達方法が提案できるのも特徴です。 通常企業が行う資金調達といえば、融資を受けたり増資をしたり社債の発行をしたりしますが、必ずこれで十分な資金調達ができるとは限りません。 しかし、不動産をはじめとした資産を信託してもらい証券化することで資金調達するといったこともできます。 多種多様な業務と信託銀行ならではの資金調達の提案ができるところ、これが他の金融機関の大きな違いといえるでしょう。