システム金融とは

システム金融の全容を理解して気をつける事が必要です

ダイレクトメールやFAX等、自分たちの姿を現さない方法のみで顧客収集を行い、相手方には小切手や手形を郵送させ担保とすることでお金を融資する金融会社の事をシステム金融と呼びます。
そして、貸金業の登録が無いだけではなく、ダイレクトメールやFAXを見ると想像もできないようなところばかりで、実際に契約を結び利率を確認すると通常の金融会社とは比べようもないほどの高利条件となってしまいます。
小切手や手形を担保に取られた融資は、不渡りが2回出てしまうと銀行取引が停止となり破産扱いとなってしまい、返済期間を猶予してくれるということは絶対にありません。
システム金融は、この不渡りを脅し文句として債務者に高利の返済を迫り、自分たちが高利で貸しているという自覚があり、いつかは皆破産するとかんがえているので返済出来なければ即時に交換に回していきます。
更に恐ろしいこととして、システム金融は仲間内で顧客名簿をやりとりすることによって小切手や手形の支払期日が近づく度にダイレクトメールやFAXでの勧誘によって再び貸付を増やそうとしてきます。
顧客は金利が高いところから借りているために支払期日が近くなるにつれて金策をしていることが殆どなので、見る見るうちに借入金額が多くなり返済不能となってしまいます。
なので、もし自分が罠に嵌ってしまったと気づいたら一日でも早く弁護士などの法律の専門家に相談を行い正しい知識で対応していくことが必要です。

関連ページ

アドオン方式とは
アドオン方式とは。今すぐ1万円借りる
ブラックリストとは
延滞したらすぐにブラックリストに載ってしまうの?「ブラックリスト」の全容とは
利息制限法で定める延滞損害金とは
利息制限法で定める延滞損害金とは
クレジットカードの選び方とは
間違いのないクレジットカードの選び方とは