クレジットカードで1万円借りる方法とは

クレジットカードで1万円借りる方法とは

2種類ある!クレカで1万円借りる方法

クレカキャッシングで1万円借りるには、そのクレカ自体にキャッシング枠が設定されていることが前提となります。

まずはキャッシング利用可能なクレジットカードをご用意ください。

こちらでは、キャッシング機能がついているクレカにて具体的に1万円借りる方法をご紹介しています。

>> 今すぐ1万円だけ借りたい【Best3】


クレジットカードでお金を借りる(お金を引き出す)方法としては、
ATMやCDなどからお金を引出す方法と、
ご自身の指定口座に振り込みキャッシングする方法と、主に2種類あります。

クレカキャッシング方法

・クレジットカード会社のATMでお金を借りる

・提携金融機関ATM(提携銀行ATM、提携会社ATM、提携コンビニATM)でお金を借りる

・キャッシュディスペンサー(CD機)からお金を借りる

・マルチメディア端末でお金を借りる

・ネットキャッシング/オンラインキャッシング(振込キャッシング)でお金を借りる

クレカで1万円借りるATM・CD操作方法
クレカATMや提携金融機関ATM(提携銀行ATM、提携会社ATM、提携コンビニATM)に行く
クレジットカードを挿入する
暗証番号を入力する
借入を選択する
返済方法を選択する(1回払いかリボ払いから選ぶ)
借入金額を入力する
お金の引き出し

クレカで振込借入で1万円借りる申込方法
公式サイトの会員サービスから振込キャッシングの申し込みをする
指定口座に振り込んでもらう
ご自身の指定口座からお金を下す

※ネットキャッシングやオンラインキャッシングの場合には、受付時間によっては当日振込ではなく翌日振込となる場合がありますので、借入申込時間に注意してください


クレカで1万円借りるときにかかる手数料・費用とは

クレジットカード自体を所持するためには、毎年、所定の年会費がかかる場合がありますが、キャッシング機能を付加することについての手数料はかかりません。 ただし、お金を借りているあいだの利息や、お金を引き出す際のATM利用手数料などはかかりますのでご注意ください。

ATM利用手数料

クレジットカード会社のATMですと利用手数料は無料ですが、提携金融機関のATMや提携コンビニATMで借入れや返済を行う際には、ATM利用手数料がかかる場合があります。 金額としては108円や216円といった金額ですが、頻繁に借入返済を行う場合には少しずつ負担も増えてくるのがネックです。 なかには、提携銀行ATM、提携金融機関ATM、提携コンビニATMでの利用手数料無料なクレジットカード会社もありますので、こまめに利用される方は、余計な費用を抑えるために利用手数料無料のクレジットカードを選びましょう。

キャッシング利息

クレカキャッシングを行う上で、広い意味で手数料と言えるのが、キャッシング利息です。 こちらは、借入金額に対して、あらかじめ設定されている金利を元に計算した金額を利息として支払うものです。 金利はクレジットカード会社によって異なりますので、数ある業者を選ぶ際には、こちらの金利を判断基準とされるのも一つの手段と言えます。 また、同じクレジットカードでもショッピング枠での利用は1回払いなら手数料がかからないのと違って、キャッシング枠での利用は一括返済したとしても利息がかかります。

キャッシング利息の計算方法
利息金額=利用残高×適用金利÷365×利用した日数.
※うるう年の場合には日数が366日になります

1万円借りるときのキャッシング利息の計算例
借入金額:1万円
適用金利:18.0%
利用した日数:30日
利息金額:147円
利息金額147円=利用残高10,000円×適用金利18.0%÷365日×利用した日数.30日

遅延損害金/遅延賠償

遅延利息や延滞利息とも呼ばれるこちらの遅延損害金は、通常利用であれば特に支払う必要のない費用(手数料)です。 では、どんなときに必要となってくる費用なのか…というと、約束通りに返済できなかったときに、ペナルティーとして課されるのがこの遅延損害金になります。 遅延損害率の上限は、出資法5条2項で定められている20.0%を超えることはありません。 遅延損害率が万が一この上限金利を超える場合には悪徳業者の可能性が高いので、求められるがまま支払うのではなく、国の無料相談窓口や無料の弁護士相談などを利用するようにしましょう。

遅延損害金の計算式
遅延損害額=遅延額×遅延損害率(年率)÷365日×遅延日数
※うるう年の場合には日数が366日になります

クレジットカードキャッシング返済方法とは

・毎月固定日に銀行口座から引き落とし返済(口座振替返済)
・インターネットで臨時返済
・提携コンビニATM、提携銀行ATM、提携ATMで臨時返済
※口座引き落としやインターネット返済ならWEB完結なので来店不要で返済できて便利です。
※ATM返済だとATM利用手数料がかかる場合がありますのでご注意ください

臨時返済とは

クレカでキャッシングを行ったときに、基本的には指定の口座から毎月引き落としにてお金の支払いをしていきますが、手持ちに余裕ができたときなどには、インターネットやATMを使って臨時返済することが可能です。 クレカキャッシングの金利は日割り計算ですから、毎月固定の引き落とし返済日まで待たずに、こまめにどんどん返済していけば、その分の利息負担は減っていきます。 返済額は、一部返済や全額返済が可能です。 ATM利用手数料などもかかりますが、利息もかかってくるので、ある程度まとまったお金ができたときには積極的に返済していくと無駄な利息負担も減っていきます。

クレカキャッシング返済方法/支払い方法

・リボルビング払い(残高スライド元利定額方式)
・1回払い/一括払い(元利一括払い)

リボルビング払いとは

繰り返しキャッシングを利用したとしても、カードの利用金額や利用件数に関わらず、毎月の返済額が一定となるのがりボ払いです。
返済額が毎月一定ということで、返済計画も立てやすく一見無理のない返済方法に思いますが、その分、借入状態が長らく続くため、 最終的にみた支払い総額が高くなるのがネックです。

1回払い/一括払いとは

元金(キャッシング利用金額)と利息をあわせて、一括で返済する方法です。

利息の計算方法
支払利息=元金残高×金利×据置日数÷365日
※うるう年は366日で計算

クレジットカードキャッシング基礎知識

クレジットカードキャッシングとは

クレジットカードというと、買い物をした際の会計にて現金の代わりに支払える決済方法で後日指定口座から利用金額が引き落とされるショッピング機能が有名ですが、付帯サービスとしてキャッシングサービスがあります。 1万円借りたい時などに、クレジットカードを使ってお金を借りることができるのです。 クレカの基本機能が買い物機能ということもあり、基本的にはキャッシング枠はついていないので、クレジットカードの新規申込時点でキャッシング機能利用の旨希望しておくことでクレジットカードキャッシングが利用できます。

クレカキャッシングの仕組みとは

キャッシング枠について
クレジットカードには「このカードでいくらまで使える」という利用限度額が決まっていますが、クレカキャッシングでは、あらかじめ設定されているキャッシング枠の範囲内でお金を借りることが可能です。 たとえば、クレカの利用限度額50万円のうちキャッシング枠が20万円に設定されている場合には、クレカキャッシングで利用できる金額の上限は20万円となるのです。(クレカの利用限度額が50万円だからといって、キャッシング枠の20万円を無視してキャッシングとして50万円を借り入れることはできないということです) また、クレカの利用限度額50万円+キャッシング枠20万円=合計70万円利用できる!というわけではありませんのでご注意ください。

キャッシング枠とショッピング枠の関係性
クレジットカードの基本機能はあくまでショッピング機能となります。そのことから、クレジットカード自体の利用限度額が50万円でキャッシング枠20万円だった場合に、キャッシング機能は20万円を超えての利用はできませんが、ショッピング枠の上限は特に設けられておらずクレジットカード自体の利用限度額50万円まで利用することができます。 その際に、クレカ利用限度額50万円のうちすでにショッピングで40万円使っている場合には、たとえキャッシング枠が20万円あったとしても、クレカ利用限度額50万円-ショッピング利用40万円=残額10万円までしかキャッシングでは利用できません。 つまり、キャッシング枠はショッピング枠のなかに含まれていると考えられます。

クレカキャッシングのメリットとデメリットとは

クレジットカードで1万円借りるメリットとは

・あらかじめお手持ちのクレカにキャッシング枠を設定していれば審査なしですぐに1万円借りれる
・提携コンビニATMなら24時間365日いつでも1万借りれる(現金を引き出せる)
(・海外でお金を借りる際に現地通貨でお金を引き出せる)
※今回の1万円借りたいという点では、海外でのキャッシングは関係がありませんが、クレカキャッシングとしてはたいへn魅力的なメリットなので、覚えておかれると海外利用される場合に便利です。
現地ATM手数料のみで交換手数料もなく、いちばんお得な為替レートにて現地通貨でお金を借りれます。

クレジットカードで1万円借りるデメリットとは

・一般的に、クレジットカードの盗難などに遭った場合に、キャッシングを不正利用されたとしても保証されない
・クレカ利用の延長でキャッシングをする感覚があるので借金としての自覚が生まれにくい
※ほかにも、高金利なので高額借入に向いていないといったデメリットがありますが、 今回は借入希望金額が1万円なので金利の差がさほど影響を受けずに利用することが可能です。

クレジットカードキャッシング前の準備とは

いざお金が必要になったらクレカキャッシングで1万円借りればいいや♪と思っていても、何の準備もなしにいきなりお金を借りれるわけではありません。 お金が足りなくなったときにスムーズにキャッシングを利用できるように、準備をしておきましょう!

キャッシング機能を利用できるようにしておく

基本的に、クレジットカードはショッピング機能がメインとなるので、そのままの設定ではキャッシング枠を利用することができません。 新規でクレジットカードを作る際に、申込段階においてキャッシング枠利用の旨、申込みを行っておけば、クレジットカード発行の審査と同時にキャッシング利用の審査も行ってもらえます。 また、クレカ新規申込時にキャッシング枠を希望していない場合でも、あとからキャッシング枠の後日申請が可能です。 後日申し込む方法には、スマホ・ケータイ・パソコンなどから手軽にインターネット申し込みする方法や郵送申込などがあります。

お金を借りる前に返済計画を立てる

クレジットカードキャッシングだと、つい借金という意識がないままお金を借りてしまう傾向にあり、借入金額がかさんで返済時に困る…といったパターンが見受けられます。 そういった失敗を減らす意味でも、公式サイトで事前に返済シミュレーションを使ってけなし計画を立てておくことで、余計な借入を減らせたり、実際の返済啓作に役立てることができます。 返済シミュレーションでは、返済金額、返済期間、借入可能額のシミュレーションが可能です。

「どこ」で借りれるかあらかじめ把握しておく

クレカのショッピング機能は、そのクレジットカードの銘柄が利用できるお店であれば、カード1枚で支払い利用できますが、普段からクレカキャッシングを利用していない方は、急にお金が必要になっても借入方法を把握していないとスムーズに1万円借りることができません。 具体的な借入方法をxチェックしていつでもお金を借りれるようにしておくと便利です。

クレカキャッシングの疑問解決

クレジットカードの現金化とは

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金にする行為で、おもに商品買取り型とキャッシュバック型の2種類があります。 限りなくグレーゾーンに近いと言われいますが、行為自体はクレジットカード会社が禁止している行為なので、事態が発覚した際には、クレジットカードの利用を停止され信用情報にも傷がつきます。 クレジットカードの現金化を進める業者には悪徳業者が存在し、違法性も高く、また詐欺にあう可能性も高いため、危険行為といえます。 こうした危険な行為は避けたほうが安心安全です。

カードローンとキャッシングの違いとは

カードローンとクレジットカードのキャッシングは、そのどちらも貸金業法に基づいてお金を借りれるサービスといえ、非常に似通った印象があります。 ただ、ショッピング専用のクレジットカードのあくまで付帯サービスとして存在するクレカのキャッシング枠よりも、お金を借りるをことを専門としたカードローンのほうがサービス内容も充実しているため、はじめからお金を借りたい!と思っている方には、カードローンがオススメです。 逆に、買い物もしたいし、ごくたまにお金を借りたくなるときもあるかもね〜というスタンスの方でしたら、クレジットカード1枚でショッピング機能とキャッシング機能の両方のサービスを受けるのも良いでしょう。
カードローン:ローン専用カードを使ってお金を借りるサービス
クレジットカードのキャッシング:クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるサービス

クレジットカードで1万円借りる方法とはエントリー一覧

初めてクレジットカードを持とうとした時に、大抵の人はその種類の多さ、使い勝手の程度の差に驚いてしまい、一体どこの会社のど...

≫続きを読む